タグ:植物 ( 9 ) タグの人気記事

順番どおり

秋にケムシに葉っぱをすべて食い尽くされたカリンの枝。
その後のばし始めた若葉はどうなるのだろうと思っていたら
冬の日差しの下で、ゆっくりしっかりと色濃い緑に変わっていました。
12月半ばになっても青々とした緑。
このままずっと緑のままなのかな…と思っていたら
f0039140_15495160.jpg
年もそろそろ終わりに近づいたころ、ふと気が付くと
赤い葉っぱが少しずつ増えてきました。

f0039140_15473992.jpg
やっぱりちゃんと紅葉するんだ。
遅れてもちゃんと順番どおり。
寒くなったからって
途中の段階を飛び越えちゃうこともなく。

それからもうじき1か月が経とうとしていますが
現在はちょうど、秋の紅葉のような感じになっています。

そろそろもう、春の新芽を出す準備をしているのかな。
木はじーっとしているだけだけれど、樹皮の下では
何かが忙しくうごめいているようすが
見えるような気がします。


[PR]
by erisart | 2017-01-13 16:21 | 植物スケッチ | Comments(0)

二度目の若葉

f0039140_13500583.jpg
9月の半ばごろ、「そういえば、また葉っぱがなくなっているぞ?」と気付き
前の家のカリンの木を双眼鏡でのぞいてみると
ケムシが大発生して葉をもりもりと食い尽くしているのだった。
8m以上はありそうな大きな木は
(我が家から見えるのは、ベランダごしに上1mほどなのだけれど)
やがて枯れ木のような姿になり、葉っぱがすっかりなくなってもその食欲は衰えず
でも周辺には食草となる木がないため、大風の吹いた日の翌日から、
食草を求めてうろつくケムシたちがベランダにやってくる事態になった。
そういえば昨年も、同じようにケムシが発生していたっけ。
その前の年までは、毎年きれいな紅葉を見せてくれていた。
木が年とって、ケムシがつきやすくなったんだろうか。

調べてみると、クロモンシャチホコという蛾の幼虫で
この時期、桜の木などに大発生するケムシだった。
成虫は、名前のとおり白い羽根の両端に黒い紋があり
なかなかかわいらしい蛾なのだけど、ケムシは苦手。
毒はないというものの、気持ちが悪いし
つぶすと赤い血(体液)が流れてきて、これまた気持ち悪い。
どんな生きものも平等に好きになれたら、きっとどんなに楽しいことか。
子どもに親の「苦手」を自然と引き継がせてしまうことも
気になるところでもある。
なるべく、そういうものはなくしたいと思うものだけれど。

それにしても、好物の葉を食い尽くして食べるものがなくなると、周りには
他の葉っぱもあるのに、お腹すいたって一切食べない、というのは
徹底していてあっぱれだと思う。
お腹がすけば、その辺にあるものを手当たりしだい食べちゃう人と違って
「他の葉を食べるくらいなら、死を選ぶ」んだから。

やがて時期が過ぎて、やれやれ、となり、ある朝またふと気が付くと、
枯れ木状態だった枝の先に、柔らかそうな若葉が萌え出ていた。
狂い咲きした花も一輪。
小さい虫でもついているのか、シジュウカラがやってきて
さかんに葉のあたりをつついている。

冬までに少しでも樹に養分をため込んでおこうと、
新しい葉を出したのかもしれないなぁと考えると、
「もう秋だから葉を出しても遅いかぁ」とあきらめず
ひたすら生きようとする木の生命力に、感心したのでした。

[PR]
by erisart | 2016-10-18 16:03 | 鳥スケッチ | Comments(0)

フキノトウ

f0039140_13304283.jpg

嘘のような暖かい冬から一転、極寒の日が続きますが、陽だまりにフキノトウが顔を出していました。栄養分が少ないのか、ずい分小さめです。予定より早く出てしまったせいかな?
[PR]
by erisart | 2016-01-26 13:41 | 植物スケッチ | Comments(0)

ツグミ初見

f0039140_151919100.jpg

登園の途中、庭に柿とミカンの木のある家があって、日に日に実が色づいていく様子を見ながら歩いていました。赤く熟れた柿の実を見ながらふと、「そういえばツグミまだ見てないなー、まだ来てないのかな」と思ったら、次の瞬間、「キョキョッ」とまさにそのご本人が降りてきて、柿の実のついた枝にとまりました。聞こえたのかな…
[PR]
by erisart | 2015-11-24 15:41 | 鳥スケッチ | Comments(0)

カラスウリとヒヨドリジョウゴ

f0039140_12421033.jpg

登園の帰り道、路地の入口に、朝の光に赤い色がキラキラッと輝いているのが目に飛び込んできました。2mをゆうに超える枝に鈴なりになった、ヒヨドリジョウゴのルビーのような赤い実と、カラスウリの橙色の実のコラボレーション。ヒヨドリジョウゴの実は美味しそうだけれど、毒性があって食べられないんだそうな。「ヒヨドリジョウゴ」とは「ヒヨドリがよく食べる」という意味なんでしょうか。あまり見た記憶はないけど、ヒヨドリは、食べるのかな…?
[PR]
by erisart | 2015-11-20 13:03 | 植物スケッチ | Comments(2)

マメ豆鉄砲

このごろベランダに黒くて小さな丸い石が散らばっていて、誰かが投げ入れたわけでもなし、どこから飛んできたのかと不思議に思っていた。丸い石はみんな同じ大きさで、まるで金魚のエサみたいなのだ。日に日に増えてる気もする。拾ってみたら、白い線が入っていた。あ、豆だ。それなら思い当たるフシが。プランターに生えるがままにしておいた、カラスノエンドウのマメ。そういえばしばらく前に、パチン、パチンとはじけるような音がしていたっけ。ネジのようにくるくるに巻かれた豆果。よく見ると、根本の方には飛び損ねたマメが残っていた。このコたちは親元で暮らすことになるんだろう。改めて辺りを眺めると、小さい豆は四方八方に2m以上も飛んでいる。かなりの飛距離。マメ豆鉄砲、ふいに当たったら痛そうだ。
f0039140_0182661.jpg

[PR]
by erisart | 2014-05-21 00:45 | 植物スケッチ | Comments(2)

陽だまりに

f0039140_15392745.jpg

先月末、近所の空地の陽だまりに、つくしんぼが出ていました。
今年は寒いからまだまだ、と思っていたら。
その後の春の陽気で、さらに伸びたかもね。
しかし季節はずれの暖かさもつかの間、あっという間に真冬に逆戻り。夕べは積雪。
つくしんぼ、いったん伸びたら、寒いからって引っ込めないのだよなぁ。

先週から修理に出していたプリンターが戻ってきた。
葉書を印刷しようとしたら、ナナメに出てきて印刷できず…
そういえば一昨年の暮れからおかしかったのを、すっかりそのままにしていたのでした。
なぜかハガキ以外のサイズは印刷できたので、しばらく置いといたら直らないかなぁ…
なんてムシのよいことを考えたけれど、やっぱり故障は故障でした。
保障期間はとっくに過ぎているので、どのくらいかかるのかと思ったら
不具合3箇所直して、基本料金の1万円+送料で済み、ひとまず
ほっ。
[PR]
by erisart | 2014-02-05 16:31 | 植物スケッチ | Comments(6)

ヨモギ ツクシ ツグミ

f0039140_1843104.jpg

いつまでも寒い寒いといっていたら、陽だまりにつくしんぼが出ていました。
でも近所の田んぼの畔道は、まだほとんど冬枯れ色です。

最近よく出合う、顔が黒っぽいツグミ。
いつも見ているのが同じ鳥なのかどうか、わかりませんが…

出始めたばかりのヨモギの葉を摘んできました。
絵具と筆でスケッチ。
葉っぱの平の部分を描いたあと、絵の具が湿ってる間に、ぴっぴっとギザギザを出していきます。
鉛筆で描くより楽に描けます。
[PR]
by erisart | 2013-02-26 09:58 | 植物スケッチ | Comments(6)

ビワとシーグラスの浜 【祝島】

f0039140_12521460.jpg

梅雨の最中の短い滞在だったので、そのつもりではいたけど、激しい雨風の天気続き。しかし1日だけ、予報に反して晴れてくれた。 ただ晴れたら晴れたで、日差しが強くめちゃくちゃ蒸し暑い! 昼間歩き回るのは賢くないと判断して、日が高い間は、食堂で休憩することに。

『この島は、のんびりするところだからね~』
と、ひとりで店を切り盛りしているお姉さんが笑う。

この日は島のおばあちゃんたちが3,4人集まっていて、お昼ごはんのあとの茶のみ話に花が咲いた。

『婦人会で日焼け止めクリームもらったけど、朝つけてたって畑行けば、すぐ汗かくから、タオルで顔ふいたらとれちゃうんじゃないの?化粧なんかしたことないから、わかんない。ねぇ、お姉さん、あれ、ほんとはどうやって使うもんなの?ぬった後、顔ふいちゃってもそのままで大丈夫なの?ところであなた、どこの人?え?神奈川から。へ~!じっと聞いているから、島の子かと思った。話してることわかる?言葉違うから外国語聞いてるみたいでしょ?みんな一人暮らしだからね、こういうとこで集まって話するのが楽しみなの』

大笑いしながらのおしゃべりは、切れ目なく続く。
はじめて来た場所で、ただ地元の人たちの話を聴いているのも、旅の楽しいところ。

夕方、店のお姉さんが「夕日がきれい」と薦めてくれた三浦湾に行ってみようと思ったけど、道に迷って(島には地図も道しるべもない)、暑さにも負けて結局断念。その代わりに(?)迷い込んだ畑で会ったおじさんに「あんた、ビワ食べるか」と袋いっぱいビワもらって帰ってきた。


もういろんな人が原発の話を聞きに訪れているようだったから、こちらからはその辺の話はあまりしなかったのだけれど、再び食堂に行ったとき『来月行く北海道の浜中町では、町で各酪農農家の牧草地にソーラーパネルを設置する事業が始まっている』という話をした。

『もうそういうことやっているところが、あるんですね。ここもそういうふうにしていきたいと、各家の屋根にソーラーパネルつけようと計画しているところなんです。今はまだ希望者だけだけど、小さい島だから、それでなんとかまかなえるんじゃないかと』

『きっと、出来ますよね』
うん、うん、と、二人でうなずいた。

⇒ 『シーグラスの浜』 &高知~広島・旅マップ
[PR]
by erisart | 2011-08-20 13:18 | Comments(2)


ネイチャー・アーティスト/イラストレーター・小林絵里子のブログです。


by こばやしえりこ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

2018年日本野鳥の会オリジ..
at 2017-10-10 13:49
探鳥会デビュー!?
at 2017-01-24 11:57
順番どおり
at 2017-01-13 16:21
あけましておめでとうございます
at 2017-01-11 12:48
木のおもちゃ
at 2016-11-23 20:50
2017日本野鳥の会年賀はが..
at 2016-11-11 13:27

最新のコメント

おめでとうございます^^..
by erisart at 10:49
おめでとうございます♪よ..
by 粗忽鷲 at 17:10
sokotuwasiさま..
by erisart at 16:02
こんにちは。 水の中に..
by sokotuwasi at 22:05
今日も同じ公園を通りかか..
by erisart at 16:16

お気に入りブログ

綾瀬市と周辺の自然
美術と自然と教育と
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
Nana の写真&絵日記ブログ
銀座 月光荘画材店
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ
桑原実彦 絵日記 BLO...
 陶工房「上名窯」通信・...
氏原巨雄の雑記鳥
農作業ブログ こずく男。
はしもとみおのナマケモノ日記
MOTTAINAI La...
スケッチ感察ノート
おぢかの島日記  
陶房呑器ののんびり日記
naphoto
文殊の綴り絵
海鳥日記
これであなたも情報ツウ!...
Sippo☆のネイチャー...
三浦・三戸自然環境保全連絡会
kodomiru 子...
Sense of Wo...
marcoのほわわんスケッチ

以前の記事

2017年 10月
2017年 01月
2016年 11月
more...

タグ

最新のトラックバック

スケッチを楽しむ
from 美術と自然と教育と

ライフログ


牙なしゾウのレマ


ちびっこぴいた


はらっぱのおはなし (とっておきのどうわ)


いきもの歳時記 春


いきもの歳時記 夏


いきもの歳時記 秋


いきもの歳時記 冬


はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈1〉春 桃始めて笑う


はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈2〉夏 蚕起きて桑を食う


はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈3〉秋―菊花開く


はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈4〉冬 熊穴に蟄る


日本の二十四節気・七十二候(全4巻)―はじめてふれる

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
絵日記・イラスト

画像一覧